ウェディングドレスってこんなに種類あるの!?

今しか着られないプリンセスライン

ウェディングドレスといえば王道のプリンセスライン、腰からポンと可愛らしく広がるシンデレラのようなドレスですね。こんなお姫様のようなデザイン、人生でも結婚式でしか着ることができません。リボンやお花がとても似合う形で、愛らしく、前からも後ろからも魅力的です。その反面、可愛すぎるデザインは大人になると若干抵抗を覚えるドレスかもしれません。だからこそ今しか着られませんし、一生の思い出としてぜひ着たいですよね。

ちょっと大人なAライン

ウエストがキュッとしまるAライン、これもまたウェディングの王道ですね。腰から流れるラインはスタイルをよく見せてくれますし、トレーンの綺麗さはダントツでしょう。レースやお花などの模様が多ければ可愛らしく、シンプルなら大人っぽくもなる万人受けするドレスです。ヴェールがつけば後姿は更に美しくなり、バージンロードを歩く姿はまさに花嫁さんという雰囲気ですよね。披露宴でもみんながあなたの後姿を追うことでしょう。

どきどきのマーメイドライン

スタイルの良さがはっきりとわかるのはマーメイドラインです。胸、腰、ヒップにぴたっとそうようなラインで、女性らしさがだんとつで表現されています。歩きやすく、足元が膨れていないため、ゲストとの距離が近く取れることも魅力です。また腰からのラインは本当に色っぽく、ゲストを魅了します。自信が必要に思えますが、コルセットも着ますし姿勢も正しくさせられますので、誰でも綺麗で素敵な女性らしいラインを作ることができますよ。

パーティードレスは華やかなデザインに作られている物が多い一方で、家庭用の洗濯機で洗浄すると生地が傷んでしまうことがあります。そのため、専門のクリーニング店に洗濯を依頼するのが賢明です。